カテゴリ:古着/リメイク( 28 )

まとめてリメイク

自由部門に応募します。

まずは手縫い補修。
クルミボタンが破損して樹脂製フェイククルミボタンに付け替えてたスタンリーブラッカーのウェスタンジャケット。
古着屋さんでリアルクルミボタンの付いたコーデュロイジャケットを見つけましてね。
ボタンを全て外して、中性洗剤で丁寧に拭いて汚れを落として、ウェスタンジャケットに付け替えました。
以下、上の写真はリメイク後、下の写真はリメイク前です。

c0388708_09105929.jpeg
c0388708_09113626.jpeg
c0388708_09111979.jpeg
c0388708_09120366.jpeg
c0388708_20220570.jpeg
c0388708_20221357.jpeg

また、元のフェイククルミボタンを古着のコーデュロイジャケットに縫いつけました。
デザインがコンサバで太畝コーデュロイなので、古着として売れる状態にリメイクしておきました。

c0388708_09145198.jpeg
c0388708_09150604.jpeg

あと、カルバンクラインのボクサーブリーフのリメイク。
ここのブリーフはゴムがすぐ延びてしまい、短命で過去に何枚も捨ててしまいましてね↘️
今回もゴムがすぐにユルユルに延びてしまったのですが、捨てずにゴム部分を簡易的に丈詰めしました。
前側二箇所丈詰めのツータック仕様(笑)、後ろ側は一箇所丈詰め。
いい塩梅の長さに詰めることが出来ました。

c0388708_23414578.jpeg
c0388708_23455775.jpeg
c0388708_23460466.jpeg

同様に30年前に現地で購入したハワイ大学のキャップの後ろのゴムが伸びてしまったので同様に丈詰め。

c0388708_19095294.jpeg
c0388708_19100026.jpeg
c0388708_19100799.jpeg

捨ててしまえばいいものを…、
お気に入りアイテムはとことんリメイクして寿命を延ばしたいアンポンタン。はぁ…。


次はボンドを使った補修。
愛用品の破損箇所をまとめてボンド接着しました。

使用したのはクリアカラーのセメダインスーパーXと爪楊枝。

c0388708_12160554.jpeg

まずはシステム手帳内側の皮の表皮剥がれ。
かなりひどい破損状況です。
爪楊枝の先にボンドを少量取り、剥がれた裏面に塗り付けて接着。
乾いてから手で抑えて形を整えました。

以下の写真は上が補修前、下が補修後の比較。
なんとか表皮の剥がれの進行を止めることは出来たでしょうか( ̄▽ ̄A)

c0388708_12180284.jpeg
c0388708_12370414.jpeg

c0388708_12183095.jpeg
c0388708_12372715.jpeg

c0388708_12184791.jpeg
c0388708_12374462.jpeg

c0388708_12273575.jpeg
c0388708_12375962.jpeg

更に補修した部分に手が触れて剥がれが進行しないようクリアホルダーをバリアサイズに切って両面テープで貼りました。

c0388708_13515745.jpeg
c0388708_13520679.jpeg

20年以上愛用のお気に入り二代目システム手帳。
これで暫く寿命が延びそうです🍀
再び表皮が剥がれ出したら、次は逆に表皮を全て剥がして別革シートを貼るつもりです。

c0388708_13524624.jpeg
c0388708_13542022.jpeg

もう一つはスエードの靴の踵のパイピング破れ。

c0388708_13555913.jpeg
c0388708_13560841.jpeg

剥がれ部分は接着。
断裂部分は元に戻らないままですが、ボンドで埋めておきました。

c0388708_12142894.jpeg
c0388708_12141419.jpeg

[PR]

by nigi-style | 2018-12-03 06:23 | 古着/リメイク | Comments(0)

BIGLIDUEのワイドシルエットスーツ

第三回プラチナブロガーコンテストを開催!
自由部門に応募します。

80年代のラグジュアリーブランド「ヴェリー:verri」のセカンドラインで、国内でライカ社がライセンス生産していたBIGLIDUE。
当時は有名百貨店に数多く出店していました。
ライカ倒産と同時にブランドも消滅してしまいました。

ワイドラベルの二つボタン掛けダブルジャケットとパンツはワイドシルエット。
ルーズシルエット、ワイドシルエットが流行りの今、生地デザインがシックで控えめなこともあり、旬の着こなしが楽しめそうです。
チャコールグレーのタートルネックセーターをコーデするつもりです。

c0388708_09133042.jpeg
c0388708_09133620.jpeg
c0388708_09134362.jpeg

購入場所;ちゃくちゃくちゃく東生駒店
購入価格;324円

[PR]

by nigi-style | 2018-11-06 06:09 | 古着/リメイク | Comments(0)

ラングラーウェスタンシャツ

2nd STREET心斎橋店で見つけたラングラーのウェスタンシャツ。
エドウィン商事生産品なので比較的新しいモデルです。

シャツイチやブルゾンのインナーにコーデするつもりです。

c0388708_08575059.jpeg
c0388708_08575755.jpeg
c0388708_08580462.jpeg

購入場所:2nd STREET心斎橋店
購入価格:1728円

[PR]

by nigi-style | 2018-10-31 06:34 | 古着/リメイク | Comments(0)

VANSスニーカーを染色

白と黒の市松模様のVANSスニーカーをダークグリーンに染色しました。

c0388708_08345083.jpeg

元の市松模様は白黒のコントラストがはっきりし過ぎてかなり派手な印象。
これはこれで若い人達には元気な印象でインパクトがあっていいですよねー。

c0388708_14171194.jpeg
c0388708_14171852.jpeg
c0388708_14172595.jpeg

白の部分がダークトーンになると、
ソールが茶色であることと相まってミドル世代もシックに履きこなせる落ち着いた雰囲気になるのではと思いました。

スリップオンタイプも薄めのブラウンに染めて、長らく愛用していますので(紫外線を浴びて染色直後より少し色落ちしています)

c0388708_08361677.jpeg
c0388708_08365537.jpeg
c0388708_08363485.jpeg

今回は紐付きタイプのモデルを安く手に入れたので、DYLONのダークグリーン色で染色しました。

c0388708_14214394.jpeg
c0388708_14170268.jpeg

ソールゴムのブラウンが効いて落ち着いた印象に仕上がりました。

c0388708_08350319.jpeg
c0388708_08351003.jpeg

今回は事前に、購入後水洗いすることなく直接染色したのですが、元の生地に糊残りや汚れが付着していたようで、その部分は染めが少し薄めになってまいました。
ま、いずれ汚れて色調も変わるでしょうから良しとしましょう(笑)
長く履き続けるつもりです。

残った染料で、白地のTシャツも染めました。
靴よりはかなり薄めの色調の仕上がりですが、これはこれで品良く仕上がったと自己満足〜(´∀`=)

c0388708_08402169.jpeg

[PR]

by nigi-style | 2018-10-20 06:10 | 古着/リメイク | Comments(0)

時計風防ガラス内部の埃取り

4300円で購入した"フランク三浦"の時計。
本家フランクミュラーのようなリッチな雰囲気に少しでもなるよう、チープな純正ベルトを型押し牛革製に交換して、艶出しクリームを塗り込んで愛用しています。

ただ、防水対応していないこともあって、風防ガラスに着いた指紋を拭き取ろうとティッシュで磨いてたら、ガラス内部に大量のティッシュのちり埃が侵入してしまいました💦

埃取り修理に出ししても、修理代が本体価格を上回ってしまうのではないかと悩んでいましたが、以前風防ガラス交換を対応してもらったお店に見積もり依頼したら、1000円で出来るとのことでしたのでその場でお願いしました。ラッキー🎵

風防ガラス内は見事に綺麗になっていました。
次回からは生地埃の出にくい眼鏡拭きシートで拭くことにします(笑)

手頃な価格で購入したものは支障が生じるとややもするとすぐに捨ててしまうものですが、職人さんの手で安く修理してもらって、再び愛着を持って使い続けることが出来るのは嬉しいことです。

c0388708_08281361.jpeg

修理依頼店:トータルウォッチリペアなんばウォーク店
修理費用:1080円

c0388708_20261757.jpeg

[PR]

by nigi-style | 2018-10-19 06:13 | 古着/リメイク | Comments(0)

古着コートを染色

寒くなる前に、
乾くのが比較的早い今の時期を利用して、
50年代の古着レトロステンカラーコートを活性化すべく、赤に染色しました🌟 

鮮やかな赤が部分的に目立つ仕上がりを期待していたのですが、
水の温度設定が少し低かったのか、
タライが小さく充分攪拌出来なかったせいか、
染料が四袋分くらい必要で絶対的に足らなかったのか、
はたまた元々ダークトーンだったので赤色が負けたのか、
"全体的に淡く赤みが付いた"程度のパンチのない仕上がりになってしまいました💦

下の写真は上段が染色後、下段が染色前。

c0388708_09514350.jpeg
c0388708_17061038.jpeg

c0388708_09515040.jpeg
c0388708_17063866.jpeg

c0388708_09583126.jpeg
c0388708_17062568.jpeg

染料は英国ダイロン社製を使用。
今までは60℃のお湯で溶かさねばならなかったのですが、最新の染料は40℃のお湯で済むようになり、助かります。
コートは表面積が広く、記事も肉厚が厚いのでダイロン染料二袋と食塩500gを用いました。

c0388708_10351842.jpeg
c0388708_10353996.jpeg
c0388708_10354557.jpeg

流行は繰り返すということで、これまでのスリム一辺倒だったシルエットが、昨年辺りからゆったりシルエットへとトレンドが変わり出しました。

古めかしいダークトーンに淡く赤みを加え、活躍の機会を増やすつもりです。

雑誌ファッジ10月号のRetro&modern特集コーデ例を参照にして、年配者でも楽しめる、落ち着いたコーデでAWシーズン楽しもうと企んでいます。

c0388708_10135667.jpeg
c0388708_10140755.jpeg
c0388708_10141697.jpeg

[PR]

by nigi-style | 2018-10-18 06:09 | 古着/リメイク | Comments(0)

フレッドペリーのリバーシブルパーカー

先日の古着店巡りで目に留まった唯一のアイテムが、下の写真のリバーシブルフレッドペリー製パーカー。

c0388708_22372731.jpeg
c0388708_22360943.jpeg

チェック柄の方は前ポケットにフラップが付き、背中にもフラップ付きバックポケットが付きます。

c0388708_22361659.jpeg

モッズ御用達ブランドだけあって、上品なチェック柄や長めのテール側裾丈等、キモを抑えたデザインと程度の良さに惚れて購入してしまいました。
ベスパにのるときに着るつもりです。
ちなみに、リバーシブルの裏は真紅の深い赤の単色です。

c0388708_22384193.jpeg
c0388708_22364089.jpeg
c0388708_22365050.jpeg

素材はPERTEX classic。
古くからある英国の高耐久性ナイロン素材。
最新のPERTEX素材は防水透湿機能がありますが、このグレードにはないようです。

c0388708_22561650.jpeg

購入場所:Caramel biscuit NARA
購入価格:9800円

c0388708_14582222.jpeg
c0388708_14584873.jpeg

[PR]

by nigi-style | 2018-09-04 06:58 | 古着/リメイク | Comments(0)

ジーンズのリメイク

2018-19のジュンヤワタナベコムデギャルソンのコレクションにインスパイアされて、手持ちのジーンズ二点をリメイクしました。

c0388708_11403851.jpeg

岡山デニムを使用してイタリアで製造、色落ち加工はすべて手作業のディーゼル製のなんの変哲も無い色落ちジーンズ。

c0388708_11404818.jpeg
c0388708_11405793.jpeg

あまりにプレーン過ぎたので、こちらは裾端前側中央に7×30cmのパッチを縫い付け。
後ろ内側上端のハンガーパッチをバックポケットに移動してトップスの裾下から覗く位置に縫い付けました。
ジュンヤワタナベジーンズのリフレクターパッチのようなインパクトはなく、極めて落ち着いたシックなトーンになっています。
リバイバルで流行りの90年代風のわたり幅がやや太めなので、Tシャツやレトロなバイカーズウェアとのコーデで履き続けていくつもりです。

c0388708_19353953.jpeg
c0388708_19354744.jpeg
c0388708_19355541.jpeg
c0388708_19360501.jpeg
c0388708_19363166.jpeg


京都の着物&反物商社「江一」がプロデュースした凝ったディティールのSAKAGUCHIジーンズ。
実は…三本所有 (⌒-⌒; )
そのうちの一本を友達に譲って欲しいと頼まれ、裾は切り取らずに折り曲げて履き、飽きたら返却することを条件にあげたのですが、
なんと7年経って返してもらえました〜(´∀`*)
自然な色落ちとダメージです👌🏻
こちらは綺麗目Tシャツとのコーデに履くつもりです。

c0388708_11410630.jpeg

膝の破れはミシン叩きして、折り曲げた裾を隠すように5cm幅のベルト状のパッチを縫い付けました。
こちらも控えめなトーンで落ち着いた印象です。

c0388708_19205843.jpeg
c0388708_19233282.jpeg
c0388708_19213489.jpeg
c0388708_19221140.jpeg
c0388708_19220096.jpeg
c0388708_19241311.jpeg
c0388708_19221140.jpeg

パッチ用に生贄になったのは、古着屋で見つけたカイハラ製生地使用のユニクロジーンズ200円。
リジッドに近い、裾真ん中部分をパッチとして利用。

c0388708_11411467.jpeg

[PR]

by nigi-style | 2018-06-24 06:30 | 古着/リメイク | Comments(0)

カルバンクラインジーンズのリメイクバッグ

2018-05-08

阿倍野アポロビルのショップで見つけたカルバンクラインジーンズのリメイクバッグ。
ジッパー付きも含めてポケット沢山🎵
しかも格安1000円だったんでソッコー買い。

誰か親しい女性へのプレゼントにしようかと思いましたが、同じジーンズ生地でベルトを長くリメイクしてトートバッグとしてつかうことにします(*´꒳`*)

c0388708_13373983.jpeg
c0388708_13380750.jpeg
c0388708_13382245.jpeg

アクセントにオレンジ色のビター&スイーツのキーホルダーを追加しました。

c0388708_08285915.jpeg

2018-06-20

手提げ部分が短く、肩にかけるとキツキツだったので、ハンドル部分を10センチ長くなるようリメイク。
バッグとしてはハンドルの長さが少しアンバランスなデザインになってしまいましたが実用性を優先。
活躍の機会を増やして行きます。
下がハンドル延長後の写真。

c0388708_13515971.jpeg
c0388708_13525150.jpeg

古着ジーンズの色調が元々のハンドルと色調と近いものを選んだのですが、ドンピシャであまり後付けの違和感がない仕上がりになりました🎵

c0388708_12035267.jpeg
c0388708_12040437.jpeg

ハンドルリメイク用にはH&Mの古着ジーンズを活用しました。

[PR]

by nigi-style | 2018-06-23 06:50 | 古着/リメイク | Comments(0)

ムーンアイズのステッカー&ワッペンチューン

スーパーオートバックスで見つけたムーンアイズの珍しいファイヤーフレイムのステッカー。
価格も恐らくバーゲンプライスと思われる税込1000円でソッコーお買い上げ〜。

c0388708_14445442.jpeg

どんなけムーンアイズ好きやねん!ちゅうことですわな…。

カリフォルニア発の旧車ホットロッドとサーフィンカルチャーを標榜するムーンアイズのスタイルが、個人的に旧車のバイクライフでとても共感が持てるからでしょう。
今回購入したステッカーはヘルメットに貼り付けました🎵

c0388708_11594580.jpeg

確認して見ると、
バイクやヘルメットにムーンアイズのステッカーを一杯貼り付けまくりー!ですな。

まず1963年製ラビットスクーター

c0388708_12000318.jpeg
c0388708_12001164.jpeg
c0388708_12002047.jpeg
c0388708_12002820.jpeg

1967年製VanVan90

c0388708_12005173.jpeg
c0388708_12005979.jpeg

アプリオとスペイシー100のメーターにGO! with MOON の切り文字。

c0388708_12003725.jpeg
c0388708_12004478.jpeg

スペイシーのトランク天面。
切り文字ミッキーステッカーもムーンアイズ製。

c0388708_12011455.jpeg

ガレージのフェンスにプレート。

c0388708_12010787.jpeg

半ヘルにも同色系切り文字ステッカー。

c0388708_12012146.jpeg
c0388708_12013122.jpeg
c0388708_12015381.jpeg
c0388708_12020164.jpeg

レトロバイク用のアウターウェアにもワッペン縫い付け。
オーソドックスな古いデザインがワッペンで少しだけ活性化。

c0388708_12020964.jpeg
c0388708_12021653.jpeg
c0388708_12013806.jpeg

そして、バイクのお供のカバンや帽子にまで同様にワッペン縫い付け。(先日一部紹介済み)

レトロなピッグスエードキャップにはワッペン&缶バッジ。

c0388708_12022564.jpeg
c0388708_12023294.jpeg

バッグにもワッペン縫い付け。
三枚目のファイヤーフレイムワッペンもムーンアイズ製なんです。

c0388708_12024048.jpeg
c0388708_12024771.jpeg
c0388708_12030344.jpeg

今回は併せて、ラビットに取り付けようとハワイアンアイランド駐車許可タグも購入しました。

c0388708_14463604.jpeg

購入価格:ムーンアイズファイヤーフレイムステッカー1000円
ハワイアンアイランド駐車許可タグ400円 (定価の50%オフ)
購入場所:スーパーオートバックス四條畷店

[PR]

by nigi-style | 2018-06-22 06:00 | 古着/リメイク | Comments(0)