人気ブログランキング |

ベスパってどんな乗り物?

2018.4.17 "くるまのニュース"

「ベスパってどんな乗り物?」記事一部抜粋

下記赤字文字部分が端的に、

"僕がベスパを好きな理由の特徴"..を表しているなぁ、と共感しました。


■映画好でなくとも、ときめくスクーター


 ベスパと聞いて何をイメージしますか?

「ローマの休日」でアメリカの記者とアン女王がローマ市内を乗り回していたスクーター、というと「ああ、なるほど。あのかわいいスクーターね」と映画好きの方なら思い出すかもしれません。

 
モッズが乗り回していたミラーやライトがたくさん付いている派手な乗り物と言ってイメージできる人はファッション好き。

c0388708_08375580.jpeg
c0388708_08380216.jpeg

70年代の日本のドラマ「探偵物語」で工藤ちゃんが乗り倒していたスクーター、で解る人はその時代に青春を送っていた方。

c0388708_08382269.jpeg
c0388708_08382917.jpeg

と、ベスパはさまざまな映画やドラマに登場し、そのシーンを鮮やかに印象付ける役割を果たしてきました。それだけベスパという乗り物は、今で言う“インスタ映え”するような、フォトジェニックな存在であったのです。

 さらには、
50年代後半に、イギリスの労働者階級だったモッズと呼ばれるファッションに敏感な若者たちが、自分を表現するアイテムとしてベスパといったスクーターを乗り回していたという時代もありました。

c0388708_08415437.jpeg

  ベスパは“オシャレにかつ、自由を象徴できる”アイコンとして、長く愛されてきた乗り物であり、イタリアを代表するカルチャーのひとつでもあるのです。

そして、現在でも、他とは違うモノを求めている、いわゆるバイク乗りやライダーといった層とは別のジャンルのこだわり屋さんが乗っている印象が強くあります。

 コロンとした丸いお尻が特徴的なのですが、このキュートな丸いお尻のフォルムこそがベスパを象徴するスタイルであり、これが、スズメバチを意味するブランド名「ベスパ」の由来ともなっているのです。

■ネガな要素は1点のみ、身長が低めの人は慣れが必要?

 軽やかで小回りが利くところが街乗りにもぴったりで、穏やかで安定感があり、操作性も良いので、どんな人でもおしゃれに楽しく乗りこなせることは間違いなし! 女性にも是非! と言いたいところなのですが、ひとつだけネガな要素があります。

 それは、イタリアンスクーターだけに、背が低い日本人の身長だと、足の長さが足りない、そう、シート高がスクーターにしては高めで、シート前方が絞り込まれ、ステップボード(足を乗せる部分)の幅の広さにも阻まれ、身長157cm(体重約50kg)の私は、シートの前側すれすれに座らないと、地面に足が届かないのです。

 とはいえ、不安定さがないので慣れてさえしまえば、問題のないレベルだとは思いますが、身長が低めな初心者の方にはちょっとしたハードルになってしまうかもしれません。が、それをも克服して所有したいと思わせる魅力が、ベスパにはあるのです。

 モッズがスーツを汚したくない、けどかっこよく見えるバイクに乗りたい、ということで選んだのもスクーター。

ちょっとカフェまで、もしくはサーフボードを積んで海まで波乗りに、ギターケースを積んで弾き語りにちょっと街まで、なんてスタイルがよく似合います。ベスパはバイクというよりも、ライフスタイルそのものとなっているのです。

「ベスパは所有感を満足させる乗り物であり、モーターサイクルという単なるひとジャンルに留まらず、ライフスタイルを豊かにするためのツールとして皆様にお届けしています」とは、ベスパが所属するピアッジオグループのPR担当の河野さん。

 さらに「ベスパを求めてくださる方は、バイクではなく、ベスパが欲しいといって来られる人が多くいらっしゃいます。ベスパに乗ることに特別な思いを抱いてくださっているんです」とも言います。

 永きにわたり築き上げてきたブランドイメージやスピリットを大切にしつつ、現代的な最新技術を取り込んで現代のニーズに合わせていく。見た目はいいけど、乗り味や使い勝手が物足りなかったら、所有感を満たすことはできませんよね。そんな気むずかしいこだわり屋をも虜にさせるのが、ベスパという乗り物なのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

僕的なベスパのイメージ

ベスパはスーツを着て乗っても様になるようなファッションアイテムの一つ。一般のバイカーとは一線を引く独創的な特異ジャンル。モッズカルチャーを彷彿させる場末の不良の匂いがする。

そんなライフスタイルを標榜する、お気に入りの相棒。(下の写真はモッズ映画"さらば青春の光"のラストシーン)

c0388708_08390802.jpeg


愛車GTSは10年目に入りましたが、飽きることなく愛着を持って乗り続けていられるのが嬉しいです。


by nigi-style | 2018-04-28 06:50 | バイクライフ | Comments(0)