丸太町立ち呑み「井倉木材」

昼間は材木屋さん、夜は立ち呑み屋さんのユニークなお店。
場所は京都府庁の北側。
10人も入れば一杯の店内立ち呑みと店外テーブル立ち呑みスペースがあります。

c0388708_10354032.jpeg
c0388708_10355808.jpeg

正直、満席状態では料理が出るのが遅く、注文が通っていない料理も散見され、
大将と女店員さん、バイトさんの三人でも回ってないです(笑)

でも料理はプロらしく丁寧に作っておられます。
生鮮物はネタがいいですし、焼物類も丁寧な味付け・仕事がなされててどの料理も一流の肴です。
こんな不便な場所にありますが満員なのは、決して一過性の話題のお店ではなく名実共にハイレベルのお店。

c0388708_10361628.jpeg
c0388708_10363335.jpeg

当日は寒かったのでまずは熱燗からスタート。

c0388708_10364322.jpeg

播州生牡蠣700円はレモン汁をかけただけのシンプルな味付けですが、素材本来の良さが伺える癖のない美味しさです。

c0388708_10365219.jpeg

セレブのマルシン450円は、懐かしいマルシンハンバーグをカリカリに上手に揚げています。
ケチャップとマヨネーズをミックスしながら食べるスタイルも僕達世代には嬉しいですね。

c0388708_10370272.jpeg

鯖醤油干し750円は脂が乗ってて素材の良さを感じます。
味付けは辛過ぎずアッサリで上品な仕上がりです。

c0388708_10371251.jpeg

新物しらすおろし350円。

c0388708_10372147.jpeg
c0388708_10374115.jpeg

烏丸丸太町辺りは東に御所があり、京都らしい落ち着いた雰囲気がいいですね〜。

c0388708_10375183.jpeg

[PR]

by nigi-style | 2018-02-17 06:35 | 大阪B級グルメ | Comments(0)